FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

U倶楽部


Category: 未分類   Tags: ---

The Entertainer: Ukulele Cover by Matt Argo

Comment: 0   Trackback: 0

01 16 ,2019  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

The Entertainer

Comment: 0   Trackback: 0

01 16 ,2019  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

S.NAKANISHI&CO./ナカニシ No.36/NS-36

yrhyrjuj
tythy5hyjh
yhyhy5h5
uj6uyjr6j

Comment: 0   Trackback: 0

08 12 ,2018  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

toy

njtt (2)

njtt (1)

Comment: 0   Trackback: 0

06 09 ,2018  Edit


Back to top


Category: 未分類   Tags: ---

martin style3

Martinウクレレのハイエンド・ラインナップとして1918年にリリースされたStyle-3。
フィンガーボード・センターの3本線インレイや
トップ・ロウアー・エッジのセルロイド・オーナメント、
フィンガーボードのダイヤモンド・ペア・インレイが個性と存在感を醸す名品。

ダイヤモンド・ペア・インレイ('40年代以降はドットに変更)
トップ下部のセルロイド・オーナメント('40年代には無くなる)

1916年~'33年までは"C.F. Martin & Co., Nazareth, PA"の刻印をヘッドの裏側に刻印。
'33年以降はヘッド表面のデカール(シール)になる。
切り替わり時期には希に刻印とデカールがなされているものも存在する。
また、ボディ内部の"C.F. Martin & Co., Nazareth, PA"の刻印に"Made in USA"が追加されるのが1962年以降。

フレットに関しては1934年までがバー・フレットで、
それ以降にはTフレットに。
最後はペグ。Style-0と1は1927年から、Style-2と3は1923年から、
発売当初からの基本装備の木製フリクション・ペグからロトマティック・タイプにそれぞれ変更となった。

n4k45n45ng45n

Comment: 0   Trackback: 0

05 17 ,2018  Edit


Back to top